赤ちゃんの便秘の基礎知識

赤ちゃんのインフルエンザといった急性の病気も困りますが、赤ちゃんの便秘による不調も気になるものです。

 

赤ちゃんの食という面では、生後半年くらいまではミルクや母乳だけ、その後は離乳食になっていきます。

 

ミルクや母乳も離乳食も、比較的水分を多く含んでいます。一見、便秘とは無縁のように見えますが、実際は便秘になる子も結構います。

 

赤ちゃんの便秘には、これだ!と断言できるようなはっきりした症状はないといっても過言ではないのです。しかし、子どもの便秘には定義があります。

 

週3回より排便が少ない、もしくは5日以上でない、排便時に肛門が切れるような場合は便秘と判断されます。

 

赤ちゃんが便秘をしているかは、その赤ちゃんによって判断基準が異なります。

 

普段の便と比べてみて、赤ちゃんの様子が明らかに違う、おかしいなあと思ったときは便秘といえます。

 

では、どんな状態が便秘なのでしょうか。それを知るためにはまず、赤ちゃんが日ごろどんな排便リズムであるかを把握しておくことが大切になります。

 

赤ちゃんの排便リズムは毎日1回とは限りません。

  • ・毎日3回も4回もウンチが出る
  • ・2〜3日に1度しか出ない
  • ・3〜4日あくが、出る日は1日何度も出る

などというように、赤ちゃんによって排便リズムはかなり違います。

 

他の子とはちょっと違っても、それがいつものリズムであり、赤ちゃん自身が不快なそぶりを見せなければ便秘ではないことも多いのです。

 

ただし、4〜5日以上でないとお腹が張るなど苦しい症状が出始めるので、週3回未満、4日以上でない場合は便秘かもしれないと考えるとよいでしょう。

 

赤ちゃんが排便時に苦しそうなときは便秘といえます。ウンチがしたい時は赤ちゃんがそわそわ落ち着かなくなるなど、ある程度ママにわかるサインを出すことがあります。

 

便秘に苦しむ赤ちゃんは、泣いたりぐずったりすることも多いです。

 

赤ちゃんの生活をよく観察することで、いろんなサインがわかってきます。便秘かどうかを見極めて辛くないようにして挙げることが大事ですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加