便秘の赤ちゃんを病院につれて行く目安は?

赤ちゃんは大人のように自分の感覚で「最近便秘気味になっているな」と判断できません。
お母さんやお父さんが注意してあげないといけません。

赤ちゃんの便秘の判断基準

  • ・ウンチの回数が減っている
  • ・下腹部が張っていたりなんとなく固い
  • ・ウンチが固い
  • ・ウンチが少量である
  • 母乳やミルクを飲みたがらない、飲んでもすぐに吐いてしまう
  • ・ウンチをしようとする傾向が見えるのに痛がったり、泣いたりする
  • おならがいつもより臭い
などです。

大人と同様に赤ちゃんも排便のペースには個人差があります。なのでウンチが何日出てないから便秘だ!と簡単に決められません。

 

普段の排便回数や頻度と比較して判断する大切です。

 

赤ちゃんがいつも通りウンチをしないとすぐにでも病院で診てもらった方がいいの?っと考えてしまいがちですが、過剰に心配をする必要はありません。

 

赤ちゃんは、成長とともに腸が発達するにつれて、一時的に便秘になることがあります。

 

食欲があって元気に過ごしているのであれば、少し様子をみて、5日くらい解消しない場合には病院へ連れて行くようにしましょう。

 

便秘の症状があって、食欲や体調、機嫌に大きな心配がない時は、まずはお家で出来る便秘の改善方法を試してみて下さい。

 

しかし便秘の背後には病気が隠れている場合もあるので、明らかに様子がおかしいなら病院へ受診するのが良いでしょう。

 

まずは水分の確保。そして食物繊維の豊富な食材を使った料理や、「の」の字のマッサージをする、綿棒浣腸をするなど試してみてください。

 

また、母乳と併用、母乳があまり出ない場合もオリゴ糖を与えることもおすすめです。

 

オリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やしてくれます。また腸の活動を活発にさせ、便秘改善効果が期待できます。

 

赤ちゃんには、粉末状のオリゴ糖を粉ミルクや白湯に混ぜて与えてみて下さい。

 

赤ちゃんの便秘は色々ありますが、あまり気負わずに過ごしてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加